わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

電力自由化とスマートメーターについて勉強中

calendar 2016-08-05

いまさらながら、電力自由化について勉強しています。2016年4月に始まったアレですね。

開始前にかなり話題になったと記憶していますが、始まってみると盛り上がりはイマイチ・・・。でもずっと興味はあったので本を読んでみることにしました。

そこで知った「スマートメーター」というもの。

将来的にはスマートメーターが設置されるのが当たり前になるので、知っておいた方がよいですよ。というわけで今回の記事です。

スマートメーターとは

一言で言うと「通信機能を備えたデジタル電力メーター」です。

従来の電力メーターは、1ヶ月に1回担当者が検針をして月ごとの電力を計っていたわけです。この時代にあって、何ともアナログな作業ですね。今でもこのやり方で電力を計っている世帯は数多くいます。

しかし、スマートメーターならこの月イチの検針は不要。データーは通信機能で離れた場所からでも取得できるわけです。かつ、より細かい単位での検針が可能。30分毎に計ることもできるわけです。

今後スマートメーターの普及が進むと、検針していた作業は無くなります。人件費のコストカットが実現。電気代も安くなる可能性があります。進めよ進め、スマートメーター!!

スマートメーターのメリット・デメリット

メリットは?

検針作業が不要
より短い単位での検針が可能
データーの蓄積が可能
引っ越し手続きも楽

今すぐ得られるメリットは上記のような感じ。

今後はHEMS(Home Energy Management System)を利用したサービスも展開される予定です。HEMSは直訳で「家庭のエネルギーを管理するシステム」。各家電毎に消費電力が分かるようになったり、最適な家電の運動を促してくれたりするようになる仕組みです。

例えばエアコンは付けっぱなしがいいのか、こまめに消した方がいいのか。テレビの主電源を消すとどれくらいの節約になるのか。

こういった今まで感じにくかったことが、データーとして可視化できるようになるんですね。

我が家でも子供に「ちゃんと電気消しなさい!!」なんて叱ることがあるけど、そのうち「見て!付けてた方が0.5円の節約になるよ!」とか子供に返されるかもしれません。

デメリットは?

デメリットは以下の点でしょうか。

通信するなんて怪しくない?
検針してた人の仕事はどうなるのよ!

まぁ、見ての通りデメリットはそんなにないです。しかも、感情的に受け入れ難いという理由のものばかり。

というのは余りにも楽観的過ぎるもの。通信する以上、セキュリティリスクはあります。家庭の電気量のデータの漏えいは確実に起きるでしょう。「夜10時にエアコンを付けて3時間後に消えた」など生活スタイルが分かるようなデータは悪用される恐れがあります。

とはいえ、スマートメーターは10年後には全世帯で採用される見込みです。ですので、受け入れ難いかどうかの感情はともかく、自然と導入されてくでしょう。感情的に処理せず、ちゃんとした知識を覚えておくことが大事になります。

ということで、今この本を読んでいます。

電力自由化・スマートメーターについては一度学んでおくことをオススメします。

不用品の処分は「メルカリ」で

毎日の暮らしの中で使わなくなるモノはどんどん増えていきますね。特に子育て世代は、子どもの成長と共に二度と使わなくなるものが溢れてきます。我が家でも子どもの服やオモチャ、家具などが溢れてきました。

そんなときに役立つのがメルカリです。

メルカリはネット上のフリーマーケットです。不要になった服や家具などを売ることができます。

お使いのスマートフォンにアプリをインストールするだけでご使用できますので、ぜひ使ってみてください。もちろんアプリは無料でダウンロードできます。

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す