わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

【バレーボール】オポジットとは?ライトやスーパーエースとは明確に違うポジション!

calendar 2016-05-06

reload 2017-01-17

【バレーボール】オポジットとは?ライトやスーパーエースとは明確に違うポジション!

「オポジットって何?」と聞かれたらどう答えるか。私ならこう答える。

「セッターの対角のポジション」

それ以上でもそれ以下でもない。含みもない。

でも、「ライト」や「スーパーエース」、「ユーティリティ」「ユニバーサル」という用語との違いを説明しないとオポジットは理解できないと思う。

それではオポジットについて考えてみよう。

オポジットは「位置」を示す言葉

ライトとは違う

「オポジットはライトであることが多い」これはその通り。しかしライトとは違う。

ライトは「主にライト側から攻撃する役割」のポジションだ。”主に”と書いたのは、センター側まで切り込んで攻撃することも考慮したからだ。

対してオポジットは「セッターの対角」である。つまり、「セッターがライトポジションである場合のみ、オポジットはライトになる」ということだ。

例えばセンターセッター、あるいはレフト側がセッター(見たことないけど)となる場合は、オポジットはセンターかレフトプレイヤーとなる。

オポジットはあくまでもセッター対角という「位置」を示すもの。ライトとは違うのだ。

スーパーエースとも違う

スーパーエースという言葉は「数多くアタックをし数多くの点を稼ぎだすレフトプレイヤー(エース)よりも、さらに打数も得点も多いプレイヤー」ということで、エースを超えるプレイヤーを形容するために生まれた言葉だ。

スーパーエースという言葉は、戦術の進化と密接に関わっている。

セッターが前衛の時には前衛のアタッカーが2枚になってしまうため、セッター対角(ライト)にバックアタックが得意な選手を置くことで常に3枚以上のアタッカーを用意する、という意図がある。

「バックアタックが得意な選手」とは、ほとんどの場合チーム1のアタッカーである。そのため、レフトエースを上回る「スーパーエース」という言葉になったのだ。

オポジットはセッター対角という「位置」を表す意味しかない。対してスーパーエースは「役割」だ。

「オポジットの位置に、スーパーエースという役割のプレイヤーを置く戦術」これが正しい使い方だ。

ユーティリティ、ユニバーサルとも違う

あまり聞きなれない言葉かもしれないが、「ユーティリティ」「ユニバーサル」という役割のプレイヤーがオポジットの位置に入ることもある。

ユーティリティは便利な選手、ユニバーサルは万能な選手という意味。

使い分けが難しいが、ユーティリティは「チームの弱点の穴埋めをする選手」という説明が個人的にはしっくりくる。レセプションが良く無いチームには、レセプションが得意な選手を。ブロックが弱いチームには、ブロックが得意な選手。サーブ効果率が低いチームにはビッグサーバーを。そんなイメージ。

ユニバーサルはサーブ、アタック・ブロック・レセプション・ディグ、全てのプレーをそつなくこなす選手というイメージだ。

初級者~中級者ではあまり重視されないポジション

オポジットはレベルが上がるほど重要度が増すポジションである。初級者の段階ではレフトプレイヤーがエースアタッカーとなることが多い。これは右利きのプレイヤーが多く、レフト側からのアタックのほうが容易だからだ。セットもレフト側のほうが上げやすいという事情もある。

オポジットとなりやすいライトは、あまり打数が多くない。必然的にアタックが得意でない選手が入ることが多い。中級者でも同様だ。

しかし、レベルが上がってくるとバックアタックを先述の中に組み込んでくる。すると、オポジットに誰を配置するかが重要になってくる。セッターが前衛のときにバックアタックが打てる選手が対角にいると、どのローテーションでも3人以上のアタッカーが揃えられるからだ。

男子日本代表のオポジット

日本代表ではどんな選手がオポジットを務めてきたのか。90年代からのオポジットの歴史をオリンピック区切りで見てみよう。

1992 バルセロナ:中垣内祐一
1996 アトランタ:中垣内祐一
2000 北京:中垣内祐一
2004 アテネ:山本隆弘
2008 北京:清水邦広・山本隆弘
2012 ロンドン:清水邦広
2016 リオデジャネイロ:清水邦広

※1996・2000・2004・2012・2016年はオリンピック不出場のため、最終予選の選手

トップレベルではいわゆる「スーパーエース型」の選手が配置されているのが分かるだろう。チーム一の打数を誇り、バックアタックも苦としない選手ばかりだ。

ハイキューで考察してみる

高校のバレーボール部を舞台としたマンガ、『ハイキュー』でオポジットの選手を考察してみよう。

烏野高校の澤村は、ユーティリティ

烏野高校はレシーブ力が低い。西谷という突出して優れたリベロはいるが、全体的なレシーブ力は高く無い(ように描かれている)。

そこでオポジットには澤村というレセプションが得意な選手を置いている。ユーティリティ的な選手だ。

オポジットに澤村を置いて守備のバランスを保つことで強豪校となっている、そんな起用方法となっている。

白鳥沢高校のウシワカは、スーパーエース

白鳥沢高校の牛島若利、通称ウシワカはスーパーエースだ。基本的にレセプションには参加せず、どんな状況でもアタックを打ち点を取るためのプレイヤーだ。

もっとも、オポジットの位置にいるのは左利きだから、という理由もあるだろう。セッターがライトの場合、対角もライト側で攻撃することが多い。左利きのプレイヤーはライト側からの攻撃が得意である場合が多いのだ。

とはいえ、ウシワカのプレースタイルはスーパーエースそのもの。圧倒的な打数と得点、他の追随を許さない攻撃力を誇る。その攻撃力を活かすための選手起用をしているのだ。

オポジットでチーム事情を知る

オポジットはセッター対角であるため、他のポジションとは性質が異なる。レフト・センターは対角似たような役割のプレイヤーを配置するが、オポジットだけはセッターという全く役割の違う対角となる

その分、起用法も多様。

初級者段階では、その特殊性から目立たない選手を配置し、目立たない役割となることが多い。しかし上級者チームになると、その起用法はチームの戦術となる。

そんなオポジットからチーム事情をは推測することも、バレーボールの楽しみの一つである。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す