わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

【MNP】3.格安SIMを検討する

calendar 2015-12-11

reload 2015-12-10

【MNP】3.格安SIMを検討する

MNPでの乗り換えを考えるシリーズ第3回。今回は格安SIMについて検討してみました。

第2回はコチラ。【MNP】2.auショップで乗り換えの見積もりをしてきた

参考にさせて頂いたサイト

格安SIMとスマホ比較
→とにかく情報量がスゴい。ユースケースも充実しているので、どんな方でも最適なプランが見つかるはずです。

メリットとデメリット

メリット

  • 安い
  • 契約に縛られない
  • 料金体系がシンプル

ざっくりとですが、このような感じ。
とにかく安くなるのが魅力。通話をたくさんする人には向いていないかもしれませんが、私のようにデータ通信中心である人は確実に安くなります。
[adsense]
また、2年縛りがないのも大きな魅力。大手キャリアは2年内の解約には違約金が発生します。そのため、「買ってみたけど使いにくかった」という場合でも、2年我慢して使い続ける人が多いと思います。格安SIMであれば、違約金なしか1年程度の縛りになります。

もう一点、料金体系が分かりやすいところも良いところです。端末代+SIMの料金プランのみ、というシンプルさ。
大手キャリアの「実質端末代無料」や「最大○○円キャッシュバック」などに複雑な条件に頭を悩ませる必要がなくなります。

デメリット

  • 通話代は30秒20円
  • 通信速度が遅い、安定しない
  • 店舗がない

通話代は基本的には30秒20円です。カケホーダイのようなプランもありますが、大手キャリアほどの選択肢はありません。

最も不安なことは通信環境。MVNOはauやdocomoの回線を借りています。そのためか大手キャリアよりも速度が出ないことがあるそうです。また、ある日突然遅くなることもあるかもしれません。現状では大手と遜色のない速度が出ていることが多いようですが、今後も同じかどうかは分かりません。

そして店舗がないこともデメリットの1つ。困ったら店舗に駆けつければよいと考えているかたは格安SIMに向いていません。ある程度自己解決できる方に格安SIMをオススメします。

で、私はというと…。
デメリットは特に気になりませんでした。通話をほとんどしない(月に1分×5回程度)、店舗もほぼ利用しない、通信環境はポケットWi-Fi持ってる。ということで格安SIM向きだと考えています。

検討しているMVNOで見積り

検討しているMVNOでの料金シミュレーションしてみました。
前提条件は以下。

端末 arrows RM02
SIMタイプ 通話SIM
データ通信料 7GB以上

【楽天モバイル】

シミュレーション結果:4,202円(10GB)

DMM mobile 通話SIMプラン 7GB

シミュレーション結果:4,144円(7GB)

IIJmio

シミュレーション結果:4,560円(10GB)

やっぱり安い!!端末代込み(24回払い)のこの値段。
第一候補は楽天モバイル。10GBなら制限を気にすることなく、テザリングしても問題ないでしょう。また楽天ポイントが2倍になる。一応、ゴールド会員になるくらいに楽天は利用しているので、ポイントは嬉しいです。

今日の結論!

通信速度・安定度に不安はあるが、値段重視なら格安SIM。楽天モバイルを第一候補として考えます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

No Image

No Image

【MNP】5.auに乗り換え。iPhoneにしました
【MNP】2.auショップで乗り換えの見積もりをしてきた