わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

ダビスタ

ダービースタリオン3(ダビスタ3)と96の攻略、最強配合、日々生産の思い出

更新日:

ジミーです。

特別ゲーマーと言えるほどゲームにハマっていたわけではないし、今は全くゲームをやらなくなってしまったけど、私にもゲームの思い出はあります。

中学のときに1番仲が良かったクラスメイトとは、会えば当時のゲームの話をします。もう5年以上会ってないけど…。

そのゲームというのがダービースタリオン、通称ダビスタ。

これは私のゲーム史をつらつらと語る記事です。今回はダビスタ3。

ダビスタとの出会い

出会いは、兄の友人が家に来てダビスタ3をやっているところを見たことでした。このときは「ふーん、競馬のゲームがあるんだ」くらいの印象しか持ちませんでした。

ところが、ある日ウチにダビスタ3があって(兄が借りたのかな?)、兄がプレイしているところを見て、「僕もやってみたい」的な感じになったんだと記憶してます(あんまり覚えてない)。

住まいが中山競馬場近くだったこともあって(関係ないかな)、何となく競馬に触れる機会というか、興味を持っていたのだと思います。

その時の競馬の知識は「ビワハヤヒデという白い馬が強いらしいぜ」ということを何となく知っている程度でした。

翌年ナリタブライアンという三冠馬が登場して私の競馬熱とダビスタ熱が上がってきます。登場、というとオカシイね、すでに3歳(現表記だと2歳)デビューしてたはずだし。

最強馬、サイキョウクラウド

ダビスタは配合が命。可能性のある配合をしなければ最強馬が産まれる可能性はゼロです、ゼロ。

初期のアイドル的な最強馬がサイキョウクラウド。この馬名を聞くだけでソワソワする人は、私と同じくダビスタ好きでしょう。ノーアテンション×(リアルシャダイ×スーパーシェビニオン)。パッと暗唱できます。

このサイキョウクラウドを超える、というのがダビスタン(ダビスタをする人。私が命名)達の目標だったわけです。実は最高クラスの馬だったため、ほとんどの人が越えられ無かったと思うけど。

私も総合的に超える馬は生産できなかった。サイキョウクラウドの唯一の弱点、スタミナだけは印を奪うことができた。

初期繁殖牝馬での爆発配合:マチカネイワシミズ×オオシマナギサ

初期繁殖牝馬での、一代完成の爆発配合。しかも初期コストがほぼかからない。ダビスタ3のユーザーは全員がやっているはず。私も例外でなく、G1制覇とか資金集めはほとんどのこの配合だけで完結させたと思う。

この配合はスピードが爆発するだけで、スタミナと根性はまるでつかないから最強馬が産まれる配合では無かった。だけど危険配合や安定Cなど攻略のヒントはここにあった。

競馬王・サラブレ

現在でも刊行されている雑誌、競馬王とサラブレ。名前の通り競馬情報紙だが、当時はダビスタの研究・攻略についての最前線を行く雑誌でもあった。

ある日兄が買ってきた「競馬王」。そこにあるダビスタ情報を私は何度も読み返した。

私はその時点で、ダビスタ3の配合理論のキモは安定Cとインブリードだと理解していた。スピード◎のインブリードをいかにたくさんするか、これを考えていたのだったけれど、常識的にしか考えてなかったのだ。

そして生まれたノアノア。

ノーアテンション×ノーアテンション

ノアノア配合とは、母父ノーアテンション、父ノーアテンションという配合。常識的にはタブーとされる配合である。

ダビスタでは濃すぎるインブリードは危険配合とされ、虚弱体質や気性の悪さとして現れるため使い物にならない。が、ここが盲点だった。

虚弱体質はBCでは問題にならない。気性の悪さは去勢で矯正できる。

つまり、危険配合のデメリットは、BCにおいてはデメリットにはならない、ということだ。

ついでに言えば、多少の起床の悪さはメリットでもある。道中引っかかって前に行くことで、最後の直線の前に先頭に立てることだ。

ノアノアはスタミナオバケな馬がワサワサと生まれるから、道中引っかかってもスタミナ切れとなることはない。だから、引っかかってくれた方が良いのだ。

ターボファイル

いわゆるメモリーカード。場面場面を記録していくための道具がターボファイルってやつで、さいきょうばを目指すならこの道具が必須だった。

しかし、私は持っていない。買ってもらえるアテもない。

結局クラスの友達に2年近く借りることになる。今思うとダビスタ以外にほどんど使い道のないツールだったので友達も使って無かったのだと思う。私よりダビスタにハマっている人は周りにはいなかったから。

体重一周・木曜併せ一杯

ハードな調教を繰り返して馬体重を256kgまで減らすと、体重が一周し766kgになるというバグがダビスタ3にはあった。体重を減らすと故障しやすいが、坂路とプールは故障しないことを利用して体重一周させる。

体重一周すると、その馬の能力の限界を超える、と言われていた。

しかし、後からこの体重一周自体には能力限界突破とは無関係だと知った。

能力限界突破をするのは「木曜併せ一杯」だった。体重一周させ766kgになると、ハードな調教が必要になる。そのときに「木曜併せ一杯」を何度もすることで限界突破してしまうのだ。

これがバグかどうかはハッキリしない。もしかしたら、意図的に「ハードな調教に耐えられる馬を強くする」という思想があったのかもしれない。しかしゲームバランスが壊れるという理由もあり、BCでは「改造場」として扱われるようになった。
※改造場は出場できない

小田部る

ゲーム内では滝登と並ぶ優秀な騎手という設定の小田部。しかし、私は小田部を乗せることはほとんど無かった。それは、最内のコースに行きがちで、内に固まった馬群に突っ込み囲まれて足を残したまま負けることがある、からだった。

最強馬を作るレベルになるとゲーム内では敵無しの状況になるのですが、この馬群に飲まれる状況だけが自分ではどうしようもない。外に持ち出せば楽勝できるのに、小田部は内々に行きたがるのだ。そして内々で足を馬群に包まれる様子を、私と友人は「小田部る」と呼んだ。

まとめ

ダビスタ3はまだ夢中にプレーをしているうちに次の作品、ダビスタ96が発売された。だから、やりきった感がない。正直なところ、あと1年くらいはやりたかったなぁ、という思いがあるゲームである。

今年もあと2か月!年賀状の準備は進んでいますか?

今年も残すところ2カ月弱。年末年始の準備を始めなきゃと考えている方もいらっしゃるかと思います。特に年賀状は早めに作り終えて、ゆっくりと年末を過ごしたいですね。

とは思いつつバタバタして時間が無く、結局直前までなかなか着手せず……。

毎年そんなことを繰り返している方は、年賀状のネット印刷を考えてみませんか?

たくさんある年賀状のネット印刷サービスの中でおすすめなのが、挨拶状ドットコム 。デザインが豊富でかわいいものがたくさんあります。もちろんオリジナルの写真を入れることもできますよ。

11/23(木)までの早期注文は40%割引で、30枚はがき代込みで5,000円程度、送料無料・宛名印刷も無料です。早めに注文してのんびりとした年末を迎えてみませんか?

-ダビスタ

Copyright© わにゴコロ , 2017 All Rights Reserved.