わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

出会ったことのない変人に出会ったことある?

calendar 2016-02-02

reload 2016-04-09

みんなと同じように電車に乗って会社に向かっています、ジミーです。

先日、妻に「出会ったことのない変人」だという称号を貰いました。ありがとうございます。先日から急に変人になったわけではなく、それ以前からずっと変人だったそうです、妻の中では。

んで、「変人」だと言われた私は嬉しくて嬉しくて、この記事を書き始めました。

変人、ひゃっほー!

変人って言うと誰を思い浮かべますか?私が真っ先に浮かんだのはアインシュタイン。おー、妻の中では「私はアインシュタインと並んでいる」ということですな。

名誉なことでして。

「変人」って評価を受けるのって嬉しくないですか?特に私のような特徴のない一般人にとって。違うのかな。否定的な意味で捉えます?

私は純粋に「ひゃっほー!」的な気分になります。

変人なら何でも許されるな

これからはどんな奇怪な行動をとっても、「変人だからしょーがない」と思っていただけるということで。

変人ってエクスキューズになるんです。勇気がもらえる。自信が付く。何でも出来そうな気がする。

という話を妻にしたら、すげー怒られました。そしてすげー飽きられました。

変人を言い訳にしないで

よっぽど変人との出会いが少なかったんだな…

私ごときが変人だと感じるということは、それまでよほど”普通”の中で暮らしてきたんだろうなぁ、という印象。今まで変人と呼ばれるやうな人に出会ってこなかったのかな。

結構いると思うんですよ、変人。私は自分が普通過ぎる性格が詰まらないと感じる時があるし、もっと飛び抜けた存在でありたいと思う時があります。普通な自分、残念。

というか普通の人って何?

自分で書いておきながら、普通ってのは何なのかよく分からなくなりました。一般的?一般的って何?一般人って何?

みんな変人じゃね?

というか「どんな人でも変人に見えませんか?」というのが私の意見。普通の人に会ったことがない。

みんな違う。誰1人として同じ人間はいない。

普通っていう概念は存在するけど、その人個人を見たら、それは「普通」ではなくて「個人」と感じる。

普通って概念的というか学問的というか、一個人に当てはまるモノじゃない。だから、「普通だ」とか「変だ」というレッテルを個人に貼るのは間違っていると思うのだ。

まとめ:こんな話じゃない

と、ここまでの話を妻にしたら、「違う、そういう話じゃない」と一蹴されました。「普通の人になって」。この妻の要求がまだ理解できていない私です。。。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

エゴグラムによる性格診断/性格改造を要求されてます

No Image