わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

2、3歳の子連れ、車で新潟帰省。以外と行けるもんだなぁ。

calendar 2015-11-25

reload 2015-11-24

2、3歳の子連れ、車で新潟帰省。以外と行けるもんだなぁ。

年末が近づいてきました。自動車で帰省することを検討する方も多いかと思います。
今年の年末、私は実家に帰省しない予定のため、11月の三連休を利用して帰省してきました。妻は予定があったため、3歳の姫と2歳太郎を連れて計5時間の旅。
無事にたどり着いて良かった!!ということで、これから帰省する方への参考になればいいな、と。ポイントは

  • 夜は出発する
  • 眠気と疲れの対処
  • 安全運転第一!!

です。

wolter_tom / Pixabay

夜出発する

子連れで悩むのが出発する時間。
朝起きてからだと車の中で退屈な時間を過ごさせることになります。これは子供にとってツラいんじゃないでしょうか。しかも、道が混む心配もあります。
ということで今回は仕事から帰宅して、20時前に出発しました。
道が暗いのと到着が真夜中になるのがネックですが、そこを問題としないのならば、夜出発はメリットも多いと思います。

眠気と疲れの対処

眠眠打破を購入。特別効果を感じたわけではありませんが、事故なく無事に着きましたので飲んどいてよかったのかな。
また、仕事終わりで夕飯も食べていない状態で出発していますので、疲労も懸念点です。お腹いっぱいに食べてたら眠くなりますしね。
今回は妻がバナナを用意してくれました。最高の栄養補給。ありがとう!!

安全運転第一!!

当たり前のことですが、安全運転で。少しでも早く着きたいとスピードを出すくらいなら、クルマで行くのは止めましょう。
道中、濃い霧があったり高速道路の一部が通行止めだったりと、ちょっとした想定外のことがありました。そんなときでも安全運転第一で考えて運転しました。
長距離移動にトラブルは付き物ですので、優先順位を忘れないように。

子供たちは寝続けてくれた!

我が家の姫と太郎はよく寝てくれました。運転中のほぼ全行程を寝ていました。泣くこともなく。偉いなぁ。
実家に付いた後に布団に移動するまでで少し起きましたが、布団に寝かせるとまぁスースー寝息をたてました。
ただし、これは個人差があると思います。皆さんの子供の性格・性質を見極めて判断してください。

今日の結論!

帰省について、夜に出発するのも選択肢の1つ。ただし、疲労と眠気に注意すること。

せーの!オォーーシッ!!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す