わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

子育ての悩み 夜中に何度も起こされる

calendar 2015-12-18

reload 2016-02-17

うーん、眠い…。ここ1ヶ月くらい、娘(3歳)に何度も起こされます、夜中に。そして明け方にぐっすり寝るものだから、一緒に寝てしまった。おかげでいつも乗る電車に乗れなかったではないか。何で夜中に何度も起きるんだい?

おしっこで起こされる

「パパ、おしっこ」娘はそう言って寝入った私を起こします。えらいなぁ、ちゃんとトイレに行けるんだね。ご報告ありがとう。「トイレ行っておいで」

ちなみウチの子供たちは「夜中のトイレは怖い」みたいな感情を持っていません。これってオトナが植え付けるんでしょうね。「お化けでるぞ」みたいに言うのでしょうね。

娘はおしっこをした後に「パパー、拭けなーい」。おしりが拭けないそうで。普段は自分で拭けるんですよ。甘えているわけです。可愛い娘だ。ということでおしりを拭いてあげます。

布団に入ると「よしよしして」と娘。甘えているわけです。可愛い娘じゃのう。私は頭と背中を撫でる。ぐっすり寝てくださいな。

もう一度おしっこで起こされる

撫でているうちに私も落ちます。おやすみ………

「パパ、おしっこ」

え、また?今寝たところなんだが。「行っておいで」と私。また、おしり拭けない→よしよしての甘えを繰り返すわけです。甘え攻撃。

3歳にして男を弄んでいるな。末恐ろしい娘だ。

今度は、のどが乾いたそうで

よしよししているうちに私も落ちます。おやすみ………

「パパ、のど乾いた」

「えっ?」私はちょっとイラっとします。「お茶飲んだらおしっこ行きたくなるんじゃない?」ちょっと我慢してくれないかなぁ。パパを寝かせてくれよ。といっても言い出したらきかないワガママ姫。ダイニングに行って麦茶をあげます。

娘は麦茶を一口。すると「もういらない」と発言。「はぁ!?一口だけでもういらないだと。何のために起こしたんだ!!」とは言いませんが、イラっときてます。もう甘えに答える余裕はないぞ。勝手に寝てくれ、娘よ。

再々度、おしっこ

で寝るわけですが、寝入った頃にまた「おしっこ」。「もう!」と口にしてしまいます。

ここからは繰り返し。おしっこする→拭けなーい→私が拭く→布団に戻る→よしよしして→眠い、無理。時間はAM5時。ここから寝たら起きれるだろうか…と思いながら落ちます。おやすみなさい………

朝、起きれず

ということで久しぶりに妻に起こされました。起こされなかったら遅刻してたな。ありがとう、妻。

そんなわけで眠い目をこすりながらこの記事を書いています。ぐっすり寝れないのは辛い。赤ちゃんのときは抱っこしてれば寝てくれたのだか。今は知恵を付いてきた分、イラっとしてしまう。

自分でトイレ完結してくれないかなぁ。甘えているだけなんですけどね。

イラっとしたことはネタにしてしまえ、という話です。書いていたら眠気も飛んで、楽しい気分になってきました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す