わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

アドセンスの申請が無料ブログのサブドメインからは出来なくなった!?

calendar 2016-03-19

アドセンスの申請が無料ブログのサブドメインからは出来なくなった!?

このブログとは別にはてなブログで妻とブログを書いているのですが、そちらのはてなブログは妻メインで記事を書いています。そろそろGoogle Adsense(グーグルアドセンス)の申請をしようと思ったところ・・・

URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

え?ぇ?E?e?

申請できませんでした。これについて調べてみましたの。

※申請したのは2016/3/19です。

以前から海外ではできなかった

私が最初にアドセンスの申請をしたのはseesaaブログでした。おそらく無料ブログで申請したという方は多いかとおもいます。しかし日本以外では2013年時点では無料ブログでの申請は出来なかったようです。こちらの記事が参考になります。

アドセンス申請で独自ドメイン必須の可能性?無料ブログは不可? | ネットで稼ぐスキルを身に付けて独立を実現させる

ついに日本でも適用された!?

アドセンスのルールは海外から2年ほど遅れて日本でも適用されるようです。つまり、今回申請できなかったのはついに日本でもそのルールが適用された可能性が高いです。

今後は独自ドメインを取得してからじゃないとアドセンスの申請ができなくなります。「アドセンス申請用ブログ」のノウハウも出回っているので、この措置は当然といえば当然と言えるでしょう。

厳密なルールについて

「無料ブログでは不可」と書きましたが、これは厳密ではないです。もう一度申請時に出たエラーを確認しましょう。

ウェブサイトまたは URL(例: www.example.com)を記入してください。
複数のウェブサイト、ドメイン、モバイル ウェブページをお持ちの場合はメインのものを記入してください。
広告掲載先となるコンテンツをまだお持ちでない場合
URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

今回申請したドメインはhttp://XXXXXX.hatenablog.com/でした。この「XXXXXX」がサブドメインに当たるため、申請出来なかったということです。

アドセンスのヘルプでは以下の例が示されています。

有効な URL

example.com
www.example.com

無効な URL

example.com/page.html
example.com/directory
example.com/?q=target
subdomain.example.com
subdomain.example.com/directory
subdomain.example.com/page.html
subdomain.example.com/?q=target

まとめ

幸い申請済のものは使えるので、もう申請が通っている人は今まで通りで問題ありません。ただし、今後ブログをはじめようとする方には少しハードルが上がるかもしれません。

ホントはアドセンスに頼らない運営ができるのがベストだと思いますがね、そんな域にはまだまだ。これからも頑張ってブログ書きます!!

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




関連記事