バレーボール By わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

バレーボール

【バレーボール】ブロックカバーかシンクロ攻撃か

更新日:

ブロックカバーのような献身的なプレーは日本人好みだと思う。私も高校1年のときに顧問の先生に度々注意されたことだ。(結局顧問の先生は1年で転勤してしまった)

その注意のおかげで私の意識付けはそうとう高くなった。アタッカーの周りに密集して、キルブロックを防ぐのだ。アタックがブロックされてもカバーしてくれる人がいたらアタッカーも安心してアタックが打てる・・・・・・とはならなかった。アタッカーの私はそう感じた。

今回はそんな話を。

ブロックされるのはアタッカーの責任

ブロックしても拾ってくれる人がいるのは安心だ、と思う人はアタッカー向きじゃないと思う。

もちろん、ブロックされたボールを拾えればラリーは続く。ドシャットしたのに拾われたらブロッカーの心理にも影響する。拾ったボールから得点すれば大いに盛り上がる。

だけと、ブロッカーを超えないアタックはアタッカーの責任だ。アタックする直前まで主導権はアタッカーにある。アタッカーに主導権がある以上は、そのトスで得点できる可能性があるということ。

ストレート、クロス、ブロックアウト、フェイント、ブロックの間、手の間、押し込み。手段はいくらでもある。シャットアウトされたらまず思うべきは「自分の技術が足りなかった」だと思うのだ。

助走してたらアタッカーの元までたどり着かない

私はレフト側のアタッカー。いつだってトスが来ることを想定している。セッターがセットする直前に既に助走を開始している。センタープレイヤーはAクイックのタイミングで既に踏み切っている。

そんなときにトスがライトに上がる。

こんなときにレフトとセンターにいるプレイヤーはどうやってライト側のブロックカバーまで行けばいいのか。

高校のときは「まだ意識が足りないんだな」と考えていたが、そもそもライトまでブロックカバーに行くのは不可能だ。こんなことも高校のときは分からなかった。

後衛だって攻撃参加する

前衛なら分かる、でも後衛のプレイヤーはブロックカバーに入るべき。こんな風にも思ったが、後衛だから、というのは違う。後衛だってバックアタックに入るのだ。

仮にセッター以外の5人全員が攻撃参加したら、ブロックカバーは無理。ブロックにかからないようにアタッカーが何とかすべきである。

もっとも私の高校のレベルでは、バックアタックを戦術的に組み込むほどのレベルには無かった。だからブロックカバーに入るという意識付けは間違いではないのだか。

同時多発位置差攻撃(シンクロ攻撃)

そんなことを思っていたら、ハイキュー!!でも同じテーマを取り上げていた。ハイキュー!!19巻 春の高校バレー宮城県代表決定戦。白鳥沢学園高校VS烏野高校。

同時多発位置差攻撃(シンクロ攻撃)は複数のアタッカーによるファーストテンポの攻撃のこと。烏野高校はこれを武器としている。

当然、ブロックカバーにはリベロ以外、誰も入らない。そして、ブロックされたときに白鳥沢高校の鷲匠監督はこう言うのだ。

全員で攻撃になんか入ってこなきゃあ、誰かがブロックフォローできたかもしれんのになぁ

念のため言っておくと、鷲匠監督はシンクロ攻撃を否定しているわけでは無い。直後に「これはコンセプトの戦いだ」と言っている通り、どうやって点を取るか・どうやって点を取られないかの違いなだけである。

コンセプトの違い

高校のバレーは育成という側面が強い。まだ個々の能力を伸ばす時期だ。そういう意味では白鳥沢高校のバレーは高校らしいバレーだと思う。

だけどトップレベルに近づくほど、個々の能力を伸ばすだけでは勝てなくなってくる。そこで戦術が必要になってくる。

あくまで育成を重視するか、勝つための戦術を捻りだすか。これはコンセプトの違い。

ブロックカバーとシンクロ攻撃についてそんなことを思うのである。

-バレーボール

Copyright© わにゴコロ , 2017 All Rights Reserved.