わにゴコロ

印西・千葉ニュータウン情報、バレーボールのことなどを雑記と交えてお届けするブログ。

お弁当用の箸・スプーンセットが便利!やっぱり箸は長い方がいいよね。

calendar 2017-02-07

reload 2017-02-08

お弁当用の箸・スプーンセットが便利!やっぱり箸は長い方がいいよね。

みなさん、お昼のランチは何を食べていますか?私は愛妻弁当を食べています(自慢)、ジミーです。

お弁当用のお箸って、別にこだわるものでも無いんですが、カトラリーセットが便利でした。普段「カトラリー」なんて言葉は使いませんが、このカトラリーセットをご紹介します。

お弁当のお箸は何を使っていますか?

お弁当用のお箸はケースに入ったこういうのを使っている方が多いと思います。

私も使っていました(今でもたまに使います)。

ほとんどこの箸でこと足りるんですが、ちょっとした不満もあったんですね。

  • 箸が短い
  • スプーンやフォークも欲しい

箸が短いのは「長い箸買えよ!」って話なのですが、箸が長くなるとお弁当袋に収まらなくなるという。あと、食べたあとはお弁当箱の中に収めたいという(本当に小さな)希望もあります。結果短い箸を使う。

もう1つはスプーンやフォークが欲しいときもあるということ。グラタンとかパラパラな炒飯をお弁当にするとき、箸だと食べにくいことこの上ないわけで。

そんなときに出会ったのが組み立て式のカトラリーセットです。

組み立て式カトラリーセットが便利

最初に東急ハンズで見つけたのが5年ほど前(2012年くらい)、ほどなくして100均でも売られ始めました。今回の写真もダイソーで108円で買えます。

こんなんです。

開けるとこんな感じ。

ジョイント部と箸・スプーン・フォークの部品がセットになっています。

メリット

  • 箸が長い
  • 箸・スプーン・フォークが使える
  • コンパクト

ジョイント部と繋げるので、箸が長くなります。

十分な長さ。お弁当が食べやすくなります。

さらに3種類のカトラリーが使えるっていうのは、地味に便利です。私はパスタも箸で食べるような箸党ですが、さすがに炒飯はスプーンが欲しいです。

大きさもコンパクトで、お弁当袋にすっきり収まるのが嬉しいです。食べ終わったあとは分解して弁当箱に入れて、帰ったらお弁当箱と一緒に洗います。

デメリット

  • ジョイント部が弱い
  • 熱に弱い
  • 洗いにくい

ジョイント部(接合部分)が非常に弱いです。ちょっと力を入れるとパキッと壊れてしまいそうです。お肉を箸で切るのは無理です。

あまり力を入れないように食べないといけないので、結構神経を使います。そのぶん上品な食べ方になるという利点もありますが。。。

スプーン・フォークにしても、やはりジョイント部分は弱いです。

あとは、熱に弱いということ。ダイソーの組み立て式カラトリーセットの耐熱性は60℃まで。ジョイント部分の差込口付近の洗いにくさもあって、熱湯消毒・煮沸消毒しようとしたら、変形しました。

私はこれで1セット駄目にしました。

欲しいカトラリーセット

今回ご紹介したのは100均のモノですが、ちょっと作りが雑で強度も無いです。箸とスプーンでジョイント部とのハマり具合が違うのもイマイチ。「100均なのでこんなものか・・・」という感想。

以前使っていた東急ハンズで買ったものは500円くらい。もっとしっかりした作りでした。

こちら。

100均のモノと見た目・大きさはほぼ一緒ですが、こちらのほうが強度がずっと高かったです。

プラスチック製のはちょっとイヤ、という方には金属製のカトラリーセットもあります。

お値段はちょっとはります(この記事を書いてる時点で1,200円前後)が、楽天・Amazonの評判も良さそうです。

やっぱり毎日使う箸、しっかりしていて長く使えるモノ、そしてお気に入りのモノを使いたいですよね。

まとめ

お弁当用の箸の長さに不満がある方は、検討してみてください。特にこだわりが強くなければ、100均のカトラリーセットでも十分な質です。強度を考えると、ちょっといいモノを購入するのが良さそうですね。

子どもでも扱いやすいので、緊急時やお出かけのとき用に1セット持っておくと便利だと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す